Author: 真澄  小迫

カジノビジネスの開業に最適な国

カジノは、特定の種類のギャンブルの施設がホテル、リゾート地、クルーズ船、その他観光地周辺に建設されていたり、そのような場所に併設されたりしています。今日では、オンライン(またはバーチャル)カジノの他に、従来型のカジノ施設が世界各地で運営されています。これからカジノビジネスを始める人は、カジノが許可されたりや制限されたりしている国や、その中でもカジノビジネスに最適な国を知っておくことが重要です。 中国 中国の他の地域ではギャンブルに対して制限があるものの、アジアのラスベガスと呼ばれるマカオの自治区は世界最大級のギャンブル経済圏であり、総収入は350億ドルに達しています。マカオでは法的規制がほとんどないので、カジノビジネスを始めるには間違いなく良い場所と言えます。 アメリカ合衆国 カジノビジネスを開業するなら、アメリカ合衆国は当然選択肢に入るでしょう。アメリカの人なら誰もがカジノを理解していて、ギャンブルに年間約 4500 億ドルをつぎ込むほど積極的にギャンブルをしています。法的な制限はあるものの、資本主義経済の国なので自由度が高く、融通も利きます。ラスベガスのような場所には、その華やかさとギャンブルの環境のおかげで年間数百万人の観光客が訪れるので、アメリカでカジノビジネスを始めるのは良い投資になります。とはいえ、アメリカ国内には多数のカジノがあり、他国に比べて競争率はかなり高いのですが、それでもお金が入ってくる見込みがあります。 イギリス イギリスはギャンブラーに大変優しい国で、多くの国とは違って18 歳以上の市民にギャンブルを許可しています。つまり、より多くの人が年齢的に早くギャンブルに興味を持つようになるのです。カジノオーナーの目から見れば、カジノ慣れしていない人が多いほど店側は儲けることができるので、イギリスはビジネスを始めるのに適していると言えます。 オーストラリア オーストラリア人はギャンブルがかなり苦手ですが、だからといって努力をやめたわけではありません。オーストラリア人はギャンブルで1人当たり平均900ドルを費やします。 彼らにとっては良くないことかもしれませんが、店にとっては良いこと。だからオーストラリアは、新しいカジノのビジネスを始めたり拡大したりするのに適しているかもしれません。同様の国には、シンガポール、アイルランド、フィンランド、ニュージーランドなどがあります。 ギャンブルに適する新しい環境の台頭 オンラインでのギャンブルや賭け事が増えてきており、儲けとなるそのビジネスを試し始めている国などもいくつかあります。インド、日本、マン島、モンテネグロ、アンティグア・バーブーダ、キュラソー、マルタなどがあります。    まとめ 新興ギャンブル市場で従来型のカジノビジネスを始めるには高いリスクがありますが、成功すればその国のカジノ業界を大きく変える可能性もあります。カジノの主な目的は、流動性のあるお金を早く手に入れられることにあり、それは適切な環境であれば実現可能です。ギャンブルに関する国の法政策を学べば、カジノオーナー自身が選択肢を検討するときに役立ちます。しかし現在のところでは、賭け事やギャンブルに関してはオンライン市場が最も有望のようです。