システムの冷却

クーリングオフシステムとは何ですか?

クーリングオフシステムとは、文字通り「冷静さを保ち、再考すること」を意味します。
訪問販売は消費者にとって驚くべき販売方法であり、契約についてゆっくりと考える時間も時間もありません。
また、ベンダーと消費者の間で製品とサービスの知識に大きな違いがあります。
ベンダーからの一方的な説明だけを信じて契約を信じるのは簡単です。
また、消費者宅などの密室での勧誘の場合、消費者と業者の担当者しかいない場合が多く、事実とは異なる説明や積極的な販売が行われる可能性があります。発生する可能性があります。
当事者しかいないため、その後どのような方法が求められたのかを証明することが難しいという側面もあります。

そのため、「特定商取引法」(「特定商取引法」)にはクーリングオフ制度があります。訪問販売の場合、クーリングオフ期間は、消費者が申請書や契約書などの契約を説明する文書を発行した日から計算して、8日目までです。

クーリングオフ期間が文書の発行日から始まるのはなぜですか?

訪問販売では、ベンダーの都合により、ほとんどの場合、一方的に消費者に来ます。
その結果、消費者はベンダーやその製品を先取りすることができません。
したがって、契約後
ベンダーや製品の内容を書面で確認したり、相談したりできるよう、審議期間を設けています。
慎重に検討した後、
実際に不要な場合は、契約した製品またはサービスを一方的にキャンセルする権利を有します。

クーリングオフ効果

一定期間内にクーリングオフで発送した場合、発送時になかった契約になります。
したがって、

事業者は、解約に加え、解約手数料等の請求もできません。
消費者は名前を支払う必要はありません。
すでにお支払い済みの場合、全額返金されます。
受け取った商品は事業者の負担で返品できます。
設備がすでに建築物に設置されている場合は、ベンダーに無料で元の状態に戻すように依頼できます。